2014年11月 の記事一覧

Access : コントロールの位置を効率的に変更するには

2014年 11月 28日 Access Tips

アクセスセミナーはこちら
アクセスのTipsはこちら
無料セミナーはこちら
開発のご依頼はこちら

 

コントロールソースを付け替えます

フォームやレポートに配置したコントロールの位置の変更は、コントロールをドラッグして物理的に移動するのが基本です。

175_access_01

表形式や集合形式のレイアウトが適用されていれば、ドラッグでの移動も比較的容易でレイアウトの崩れも起きづらいですが、レイアウトを解除していたり、移動先が元の位置より離れていると、手間がかかります。
そこで物理的な移動はせずに、移動先にあるコントロールのコントロールソースを、移動元のコントロールソースを入れ替えます。
コントロールソースを変更するには、

 1. プロパティシートの「データ」タブの「コントロールソース」にカーソルを置き、▼を選択
 2. フォーム/レポートの元になるテーブルやクエリに含まれるフィールドが表示されるので、目的のフィールド名を選択

175_access_02

これとともに、コントロールの名前も変更しておきます。そうでないと、名前と中身が食い違ってしまい、編集するときに間違いが起こりやすくなります。

アクセスセミナーはこちら
アクセスのTipsはこちら
無料セミナーはこちら
開発のご依頼はこちら

Excel : ピボットグラフのフィルターのボタンを非表示にしたいとき

2014年 11月 28日 Excel Tips

エクセルセミナーはこちら
エクセルのTipsはこちら
無料セミナーはこちら

 

「フィールドボタン」を「すべて非表示」に設定します

ピボットグラフは、フィールド(グラフにしたい項目)の追加や削除を簡単に行え、グラフ上でフィルターをかけることもでき分析ツールとしての役割が大きいグラフです。

174_excel_01

ピボットグラフを印刷するとき、そのままではグラフ上に配置されるフィールドのボタンのフィールド名も印刷されます。

174_excel_02

これを非表示にするには、ピボットグラフツールの「分析」タブにある「フィールドボタン」から「すべて非表示」を選択します。

174_excel_03

エクセルセミナーはこちら
エクセルのTipsはこちら
無料セミナーはこちら

Webページのデータからグラフを作るとっておきの技

2014年 11月 28日 記事

IT Pro

WebページのデータをそのままExcelに利用したいことはよくある。この場合の基本操作は、Webページからデータをコピーして、それをExcelに貼り付ける、というものだ

月別アーカイブTopics別アーカイブ