お問い合わせ

サービス一覧

ビジネスIT・・・Excel(VBA)研修とAccess研修で企業力アップをサポートします!

ビジネスにExcelやAccessを使うための要件

なぜ、企業はExcelやAccessを活用することを良しとしないのか?

ビジネスにおいて最も重視されるのは、正確、次に継続、最後に効率です。一時的ではなく、継続的に、効率的で正確な処理を行う。これが、ビジネスにITを使用する要件です。 正確性と継続性を懸念し、ExcelやAccessの多用を嫌う企業が多くあります。一方、現場の担当者は、実務の効率化を実現するために、ExcelとAccessを活用しています。 企業がExcelやAccessを活用するためには、効率化は当たり前の成果として、その前に、正確で継続的であることが必須の条件と言えます。 BIT-Aが提唱するビジネスIT

効率化の壁

なぜ、企業はExcelで効率化が出来ないのか?

Excelには2つの壁があります。 1つ目の壁は「関数」、2つめの壁は「VBAです。 関数が苦手、だからExcelが好きになれない、プログラムは難しいので自動化はあきらめるといった方が多くいます。 しかし、Excelには優れた機能やマクロ記録があります。あまり知られていないのですが、機能やマクロ記録を使いこなすことで、ビジネスIT要件を満たす効率化を実現できるのです。

なぜ、VBAとAccessでシステムが作れないのか?

Excel VBAとAccessでシステム化を行う時に共通の壁があります。それは、「処理手順構築力」「膨大な知識量」です。 「処理手順構築力」とは、業務内容を理解し、その処理手順をロジカルに、そしてシンプルに構築する力です。この力と、それを実現するための知識量が、システム化に必須のスキルです。 つまり、システム化は、非常に高い壁と言えます。 VBA/Accessの関数の壁・システム化の壁

業務効率化に向けて

なぜ、企業はExcelやAccessを、もっと活用しようとしないのか?

全社員の実務処理を効率化する。こんなことが現実になるとしたらどうでしょうか? 関数、Excel VBA、Accessを使いこなすことによる効率化効果は絶大です。しかし、全社員が、使いこなすレベルに達することは難しいと言えます。 また、スキルを向上する時間をとることも難しい方々が多くいます。 ショートカット、Excelの機能(ピボットテーブル、フィルターなど)、マクロ記録を理解することは難しくありません。これらを使いこなすことで効率化することができます。 社員の日々の作業は、Excelなどを中心としたOffice関係のソフトを使用して、帳票、報告書、提案書などの作成に要する時間の方が多いのが現実です。 これは、Win95とともに普及した一人1台の時代から、ウェブサービスが普及してきた現在に至っても、何ら変化をしていません。 例えば、一人の社員が1日1時間、Excelで作業を行なっていると仮定してみましょう。 1ヵ月の勤務日数が22日で計算すると、1年間で264時間、Excelに費やすことになります。これが社員100名の企業であれば社全体で26,400時間も使っている計算です。 もしExcelによる作業を効率化し、1日あたりの作業時間を45分に短縮することが出来れば会社全体の作業時間は19,800時間、短縮時間は6,600時間になるのです。 社員100名の企業の一人一人がExcelの処理時間を1日15分短縮した効果 その分、 など、他の業務に取り組めるようになれば生産性が良くなることは間違いありません。 さらに、実際には上記の試算のように「1日1時間」程度の作業時間ではなく、Excelを使いこなせないばかりに業務の完了までに何日も費やしてしまうこともありえます。 事実、Excelをよく知らない社員が3日かけても完成させられなかった販売管理表を、ピボットテーブルを活用して5分程度で完成させた事例もあります。 社員のスキルアップと社内の仕組み化・効率化を実現し、生産性をアップさせることは、利益を出すことにつながります。

CONTACT

お問い合わせ

業務改善に真剣に取り組む企業様。お気軽にお問い合わせください。

10:00〜17:00(土・日・祝を除く)