タグ: コントロール の新着記事

Access : フォームを作成後にコントロールを追加したときに、自動的に名前が設定される場合

2014年 10月 19日 Access Tips

アクセスセミナーはこちら
アクセスのTipsはこちら
無料セミナーはこちら
開発のご依頼はこちら

 

わかりやすい名前を設定し直します

フォームにコントロールを配置するとき、デザインタブの「コントロールウィザードの使用」をオンにすると、ウィザードが起動するコントロールがいくつかあります。

そのなかでウィザードの最後のステップで、コントロールの名前を指定するものと、対になるラベルの標題を指定するものがあります。前者には、コマンドボタン、テキストボックス、後者にはリストボックス、コンボボックス、オプショングループがあります。後者は、ウィザードではその「名前」は指定しないので、自動的に「リスト5」のような名前が自動的につきます。このままにせずに、名前は設定し直した方がよいです。

コマンドボタンのウィザードの最後のステップでは、「ボタンの機能がわかるような名前を付けると、後でこのボタンを参照しやすくなります。」と表示されますが、まさにその通りで、ボタンに限らず、データベースオブジェクトやコントロールはすべてお互いを名前で識別します。

102_control_01

わかりやすい名前をつけることが編集や修正のしやすさにつながります。名前は大切です。

アクセスセミナーはこちら
アクセスのTipsはこちら
無料セミナーはこちら
開発のご依頼はこちら

Access : テキストボックスと対になるラベルを削除してしまった後に、ラベルを配置し直す場合

2014年 10月 19日 Access Tips

アクセスセミナーはこちら
アクセスのTipsはこちら
無料セミナーはこちら
開発のご依頼はこちら

 

「ラベルの関連付け」で対になるテキストボックスを指定します

テキストボックスやチェックボックスなど、値を入力したり表示するコントロールを配置するとペアになるラベルも配置されます。基本的には、このペアで動作します。

テキストボックスを移動すればラベルも一緒に移動し、テキストボックスを削除すればラベルも削除され(別々に移動や削除することもできます)、テキストボックスを使用不可にすれば、ラベルも淡色表示になります。

新しくラベルを配置すると、ラベルの左上に、警告を表す緑色の三角形が表示されます。テキストボックスなどの他のコントロールと関連付けられていない、ペアになるコントロールがない、ということです。フォームを編集中に、たとえばテキストボックスに対応するラベルを削除してしまい、あとからラベルを配置し直したようなときは、そのままでは、互いがペアであるとは認識されません。ペアにした方が扱いやすいときには、次の手順で「関連付け」します。

 1.緑の三角形が表示されているラベルを選択し、警告のオプションから「ラベルをコントロールと関連付ける」を選択
 2.「ラベルの関連付け」が開き、ペアのラベルが無いコントロールが一覧表示されるので関連付けたいコントロールを選択し、OKをクリック

101_control_01

アクセスセミナーはこちら
アクセスのTipsはこちら
無料セミナーはこちら
開発のご依頼はこちら

Access : テキストボックスをあとからコンボボックスに変えたいとき

2014年 10月 19日 Access Tips

アクセスセミナーはこちら
アクセスのTipsはこちら
無料セミナーはこちら
開発のご依頼はこちら

 

「コントロールの種類の変更」を使います

フォームに配置したコントロールは、その種類を後から変えることができます。たとえば、テキストボックスは、コンボボックスやリストボックスへ、オプションボタンは、チェックボックスやトグルボタンへ変更できます。変更するには、コントロールを右クリックして「コントロールの種類の変更」を選択します。

100_control_01

テーブルを元にしたフォームでは、フォームを作成したときのコントロールは、各フィールドの「表示コントロール」で設定されているコントロールを継承します。これは、テーブルのフィールドプロパティの「ルックアップ」タブで確認できます。テーブルを新規に作成したときに、データ型がYes/No型のフィールドの「表示コントロール」は標準でチェックボックスです。そのままフォームにすれば、フォームでもチェックボックスになります。

データをインポートしてテーブルを作成した場合は、Yes/No型と認識されると表示コントロールはテキストボックスになります。このままフォームにすれば、フォームでもテキストボックスです。その後、テーブルの表示コントロールをチェックボックスにしても、すでに存在しているフォームのテキストボックスの種類には影響しません。

フォームでもチェックボックスにしたければ、コントロールの種類の変更では変えられないので、一旦、テキストボックスを削除し、フィールドリストからフィールドを追加し直します。するとチェックボックスで配置されます。

アクセスセミナーはこちら
アクセスのTipsはこちら
無料セミナーはこちら
開発のご依頼はこちら

月別アーカイブTopics別アーカイブ