タグ: 機能 の新着記事

Access : CSVファイルをインポートすると、数値がテキストになってしまうとき

2014年 12月 12日 Access Tips

アクセスセミナーはこちら
アクセスのTipsはこちら
無料セミナーはこちら
開発のご依頼はこちら

 

CSVファイルの「テキスト区切り記号」を確認し、あとからデータ型を変更します

CSVファイルをインポートしてテーブルとして使うことができます。「外部データ」タブの「インポートとリンク」にある「テキスト」を選択して、インポートを実行しますが、「テキスト区切り記号」として何が使われているかを注意する必要があります。
「カンマでデータが区切られている」のがCSVファイルで、それ以外の絶対的な決め事はありません。つまり、文字列をダブルクオテーションで囲むのか、シングルクオテーションで囲むのか、何もつけないのか、などはCSVファイルを作るときに決めることなので、すべてのCSVファイルで同じわけではありません。Accessでは(Excelでも)、文字列はダブルクオテーションで囲むというのが約束なので、CSVファイルでもダブルクオテーションがあれば、それは、データそのものではなく「テキスト区切り記号」であると自動的に認識します。

179_access_01

シングルクオテーションが使われているときに、そのままインポートしてしまうと、シングルクオテーションもデータの一部として扱われます。
179_access_02

そこで、「テキストインポートウィザード」の「テキスト区切り記号」でシングルクオテーション」を選択します。こうすることで、シングルクオテーションは、記号であると認識されます。
179_access_03

ただし、値が数字のみであってもデータ型はテキスト型のままです。数値型としたければ、データ型を変更します。すべてのレコードについて、そのフィールドの値が数字だけであれば、データ型を変更しても、問題はありません。

アクセスセミナーはこちら
アクセスのTipsはこちら
無料セミナーはこちら
開発のご依頼はこちら

Excel : ピボットテーブルの表で、合計と比率を同時に示したいとき

2014年 12月 12日 Excel Tips

エクセルセミナーはこちら
エクセルのTipsはこちら
無料セミナーはこちら

 

集計フィールドをドラッグして「値」に追加します

ピボットテーブルでは、「計算の種類」を設定することで、合計などの集計値そのものだけでなく、比率や累計、差分などを求めることができます。合計値と比率とを一緒に示すには、同じ集計フィールドを「値」フィールドにドラッグして追加します。

178_excel_01

追加した集計値の計算の種類を設定します。次の例では、「列集計の比率」を選択しています。

178_excel_02

「合計/金額2」のような項目名は、変更できます。1つを変更すればすべてに反映されます。

178_excel_03

エクセルセミナーはこちら
エクセルのTipsはこちら
無料セミナーはこちら

Excel : 表にデータを追加したら、印刷範囲を自動的に拡張するようにしたいとき

2014年 12月 05日 Excel Tips

エクセルセミナーはこちら
エクセルのTipsはこちら
無料セミナーはこちら

 

表をテーブルに変換します

表をテーブルにすると、後から追加したデータも同じテーブルの処理対象となります。印刷についても同様です。
印刷範囲にテーブルと指定すると、行や列を追加しても自動的に印刷対象として認識されます。

印刷範囲をテーブルにするには、 テーブルの全範囲を選択し(テーブル内の任意のセルを選択してCtr + A)、「ページレイアウト」タブの「印刷範囲」から「印刷範囲の設定」を選択します。

176_excel_01

この後、「ページ設定」ダイアログボックスの印刷範囲を見ると、「テーブル1[#すべて]」と設定されていることがわかります。ここの「テーブル1」はテーブル名で、テーブルに変換したときに自動的につけられる名前です。
テーブル名は、テーブルツールの「デザイン」タブで確認できます。

176_excel_02

行や列を追加すると、追加した箇所も印刷範囲として認識されます。

176_excel_03

 

エクセルセミナーはこちら
エクセルのTipsはこちら
無料セミナーはこちら

月別アーカイブTopics別アーカイブ