このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやく

PowerPoint : スライドを編集できないようにしたいとき

2014年 10月 01日 PowerPoint Tips

パワーポイントセミナーはこちら
パワーポイントのTipsはこちら
無料セミナーはこちら

 

 

PDFで保存するか、読み取り専用で保存します

PowerPointで作成したファイルを他の人に渡したときに、編集されたくない場合の方法。 PowerPoint2007以降であれば、PDFにするのがひとつ。 もうひとつは、まったく編集できない、というわけではないですが、「PowerPointスライドショー」の形式にして保存する。 .ppsxの拡張子となります。

 

08_powerpoint_01

 

この形式では、「コンピューター」などから フォルダー内にあるファイルを実行するとスライドショーが開始します。スライドショーが 終われば、ファイルも閉じられます。このとき、スライドショーでポインタオプション(ペンや蛍光ペンにして、 スライド上にペン書き:インク注釈する機能)は有効で、スライドショー終了時にインク注釈は保持できます。なお、PowerPointを起動しておき、スライドショーファイルを開けば、通常通り編集できます。

もうひとつの方法は、読み取り専用にすること。2010では、「ファイル」タブの「情報」から「プレゼンテーションの保護」の「最終版にする」を選択します。

 

08_powerpoint_02

 

 

パワーポイントセミナーはこちら
パワーポイントのTipsはこちら
無料セミナーはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやく

月別アーカイブTopics別アーカイブ