このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやく

Office : 2003で作成したファイルを2010の形式で保存したはずなのに「互換モード」と表示されるとき

2014年 10月 09日 Office Tips

セミナーはこちら
Microsoft OfficeのTipsはこちら
無料セミナーはこちら

 

「変換」を実行します

Office2003以下で作成されたファイルを2007以降で開くと「互換モード」で開かれます。2010を使用しており、下位互換を考えなくてもよいときは新しいのファイル形式にした方が、多くの場合はファイルサイズが小さくなります。下位互換を意識しなければ、新しいバージョンだけで使用できる機能も躊躇なく使えます。
Excelでは、.xlsのファイルを開いて、「名前を付けて保存」で.xlsxのファイル形式を選ぶだけでは、互換モードは維持されたままです。
純粋に新しいバージョンの形式にするには、「ファイル」タブから「変換」を実行します。

27_office_01

WordとPowerPointは、「名前を付けて保存」で拡張子4文字のファイル形式を選択するのも「変換」を実行するのも、結果的には同じになります。ただし、Wordでは「変換」直後はdocのままで、上書き保存したときに.docxになります。

セミナーはこちら
Microsoft OfficeのTipsはこちら
無料セミナーはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやく

月別アーカイブTopics別アーカイブ