お問い合わせ

サービス一覧

Excel : VBAを実行しようとしたら、「アプリケーション定義またはオブジェクト定義のエラーです」が出てしまうとき

2014.10.09
田中裕明

エクセルセミナーはこちら
エクセルのTipsはこちら
無料セミナーはこちら
開発のご依頼はこちら

 

行番号や列番号が適正な値になっているかを確認します

VBAに慣れるまでに、記述したプロシージャを実行して遭遇しがちなエラーと、その原因としてよくあるケースとして次のようなことがあります。『アプリケーション定義またはオブジェクト定義のエラーです。』

19_vba_01

・セルの行番号や列番号を変数で指定しているとき、実行した結果として、変数に格納された値が存在しない行番号や列番号になっている。たとえば、変数i、jを使ってCells(i,j)としたとき、iに格納されている値が0や行番号の最大値(1048576)を超える値であったり、jに格納されている値が0や列番号の最大値(16384)を超える値である。『インデックスが有効範囲にありません』

19_vba_02

・シート名が違っている

エラーになるとびっくりしますが、あわてずに、表示されたエラーメッセージの「デバッグ」を押すとエラーの原因となるところ(実行しようとしてできなかったところ)で止まるので、前述のようなミスがないかどうか確認してみます。

エクセルセミナーはこちら
エクセルのTipsはこちら
無料セミナーはこちら
開発のご依頼はこちら


CONTACT

お問い合わせ

業務改善に真剣に取り組む企業様。お気軽にお問い合わせください。

10:00〜17:00(土・日・祝を除く)

NEWS

新着情報

サービス提供後記

Access研修 Access超入門研修を実施しました

サービス提供後記

Excelマクロ研修を実施しました

サービス提供後記

Excel入門に関する研修を実施しました

サービス提供後記

PowerPoint入門に関する研修を実施しました

サービス提供後記

Excel基礎研修を実施しました