このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやく

Access : 数値型のフィールドをあとからYes/No型に変更した場合

2014年 10月 12日 Access Tips

アクセスセミナーはこちら
アクセスのTipsはこちら
無料セミナーはこちら
開発のご依頼はこちら

 

入力されている値が0であればNo、それ以外はNoになります

Accessの「Yes/No」型のフィールドには、YesまたはNoのいずれかの値を入力できます。Yesは-1、Noは0と同値です。

Excelデータをインポートする際、入力されているデータによってデータ型は自動認識されます。Yes/No型となるのは、ExcelにTRUE/FALSEが入力されている場合です。入力されているのが数値で、その値が-1と0だけであっても、Yes/No型にはならず、数値型になります。
数値型を後からYes/No型に変更することは可能で、入力されている値が0であればNo、0以外はYesになります。

51_access_01

なお、インポートして作成したテーブルで、Yes/No型となったフィールドの値はテーブルをデータシートビューで開くと、Yes/Noと表示されます。一方、Accessで新規作成したテーブルの場合、Yes/No型のフィールドには既定ではチェックボックスが設定されます。チェックボックスをオンにするのがYes、オフにするのがNoの値を入力したことになります。-1/0またはYes/Noと表示されるのをチェックボックスの表示にするには、テーブルをデザインビューで開き、フィールドプロパティの「ルックアップ」タブの「表示コントロール」で「チェックボックス」を選択します。

 

アクセスセミナーはこちら
アクセスのTipsはこちら
無料セミナーはこちら
開発のご依頼はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやく

月別アーカイブTopics別アーカイブ