このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやく

Excel : 「数値が文字列として保存されています」の警告が表示されるとき

2014年 10月 12日 Excel Tips

エクセルセミナーはこちら
エクセルのTipsはこちら
無料セミナーはこちら

 

数字か文字列か確認します。

セルの左上に、Excelの警告を示す緑の三角形が表示されることがあります。よく見かけるものとして「数値が文字列として保存されています」のメッセージがあります。
セルの中身が「数字」、つまり文字列として入力されているとき、このエラー(実際にはエラーでなくても、便宜上の表現としてエラーとなります)が表示されます。

40_excel_01

数値か、数字かの区別を意識しなければならないのは、たとえば、これらの値を検索/行列関数(VLOOKUP関数やMATCH関数など)の引数の検索値や検査値、範囲や検査範囲として使いたいとき。検索値と範囲とで、数値か数字か、どちらか一方に揃っていないと期待される結果は得られません。
どちらかと言えば、数字を数値にする方が手っ取り早いと思います。警告を示す緑の三角形が表示されている状態であれば、そのセル範囲を選択して、左上に表示される警告アイコンの▼をクリックし、「数値に変換する」を選択します。

40_excel_02

また、VALUE関数(VALUE(文字列))を使用して、数字を数値に変換できます。

 

エクセルセミナーはこちら
エクセルのTipsはこちら
無料セミナーはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやく

月別アーカイブTopics別アーカイブ