このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやく

Access : オブジェクトに名前を付けるときに、記号を使いたい場合

2014年 10月 15日 Access Tips

アクセスセミナーはこちら
アクセスのTipsはこちら
無料セミナーはこちら
開発のご依頼はこちら

 

名前に記号を含めるならアンダースコアを使います

Accessでは、さまざまな場面で「名前を付ける」操作を行います。テーブルやクエリなどのオブジェクト名、テーブルのフィールド名、フォームやレポート上に配置するコントロール名など。
名前には、「.」(ピリオド)や「!」(エクスクラメーションマーク)など、使用できない特殊記号があります。これらを使おうとすると、「MicrosoftAccessの名前付け規則に従っていません。」のエラーメッセージが表示され名前を付けることができません。
一方、「」(スペース)等、使用できる特殊記号もあります。ですが、基本的には特殊記号は避けた方が無難です。VBAを扱ったり、他のアプリケーションと連携するときなど、思わぬところで不具合を起こすことがあります。記号の中でも、ほぼ安心して使えるのは、「_」(アンダースコア)です。

66_access_01

 

アクセスセミナーはこちら
アクセスのTipsはこちら
無料セミナーはこちら
開発のご依頼はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやく

月別アーカイブTopics別アーカイブ