このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやく

Access : 関数を設定して実行しようとすると、パラメータの入力が表示されたり、結果が「#エラー」になるとき

2014年 10月 18日 Access Tips

アクセスセミナーはこちら
アクセスのTipsはこちら
無料セミナーはこちら
開発のご依頼はこちら

 

引数が正しく指定されているかを確認します

Accessの組み込み関数は、クエリ、フォーム、レポート、マクロの中で使用でき、VBA関数と共通しています。
ただし、データベースオブジェクトのなかで使うときには関数の引数に、定数を指定することはできません。
たとえば、strConv([フリガナ],32)はOKですが、

88_access_01

strConv([フリガナ],vbHiragana)は不可です。

88_access_02

(この例では、vbHiraganaが定数。「フリガナ」フィールドの文字列をひらがなに変換します)

基本的にはVBA関数なので、Excelのワークシート関数と比べたときに、同等な機能を持っていても、違いがあるものもあります。たとえば、Mid関数。AccessのMidも、Excelワークシート関数のMIDも、文字列,開始位置,文字数の3つですが、AccessのMidでは、最後の引数を省略できるのに対して、ExcelのMIDは省略できません。

 

アクセスセミナーはこちら
アクセスのTipsはこちら
無料セミナーはこちら
開発のご依頼はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやく

月別アーカイブTopics別アーカイブ