このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやく

Access : 日付や数値として認識できるデータかどうか、形式が適正かを判断したいとき

2014年 10月 18日 Access Tips

アクセスセミナーはこちら
アクセスのTipsはこちら
無料セミナーはこちら
開発のご依頼はこちら

 

IsDate関数やIsNumeric関数を使用します

すべてのフィールドをテキスト型にすれば、Excelデータをまずはインポートできます。その後、本来のデータ型に適した値かどうかを判断するときに使える関数として、IsDate関数、IsNumeric関数があります。
IsDate関数は、引数に指定した値が日付として認識できる値かどうかを判定し、認識できれば-1(True)、できなければ0(False)を返します。引数にテキストで入力した「2013/9/20」を指定すると-1、「2013/9/31」は0となります。

93_query_01

IsNumeric関数は、引数に指定した値が数値として認識できる値かどうかを判定し、認識できれば-1(True)、できなければ0(False)を返します。引数にテキストで入力した「10」(つまり数字)を引数に指定すると-1、「1a」は0となります。

アクセスセミナーはこちら
アクセスのTipsはこちら
無料セミナーはこちら
開発のご依頼はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやく

月別アーカイブTopics別アーカイブ