このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやく

Access : マクロを実行したときに、エラーにはならないが意図した結果と異なる場合

2014年 10月 21日 Access Tips

アクセスセミナーはこちら
アクセスのTipsはこちら
無料セミナーはこちら
開発のご依頼はこちら

 

アクションの引数が適正に設定されているかを確認します

マクロを使うと、Accessで行う操作を自動化できます。マクロでは、自動化する操作、つまり「アクション」を追加していきます。アクションの名前とともに、指定する「引数」が決められています。

引数には、必ず指定しなければいけないものと、省略可能なものがあります。Access2010では、必ず指定しなければいけない引数には、「必須」と表示されます。たとえば、「フォームを開く」アクションの場合は、開く対象の「フォーム名」が必須の引数です。これを指定しないと、マクロを保存することができません。

125_macro_01

2010より前のバージョンでは、必須の引数を指定しなくても、作成しているマクロは保存でき、マクロを実行したときに初めて、エラーとなります。

2010では、実行前に誤りを示してくれるので、親切になったと言ってよいでしょう。
ただし、指定したフォーム名が意図しているものと違ったときは、エラーにはなりませんが、引数を指定し直す必要があります。

アクセスセミナーはこちら
アクセスのTipsはこちら
無料セミナーはこちら
開発のご依頼はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやく

月別アーカイブTopics別アーカイブ