このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやく

Access : データベースファイルを開くときに行いたい処理がある場合

2014年 10月 21日 Access Tips

アクセスセミナーはこちら
アクセスのTipsはこちら
無料セミナーはこちら
開発のご依頼はこちら

 

「autoexec」の名前のマクロを作成します

Accessのファイルを開いたときに、メニュー画面などの特定のフォームを自動的に開くようにするには、Accessのオプションで設定します。
「Accessのオプション」の「カレントデータベース」にある「フォームの表示」で開きたいフォーム名を指定します。

そのほかに、起動時に行いたい処理は、その動作を行う(アクションを指定した)マクロを作成し、マクロ名を「autoexec」の名前で保存します。

145_access_01

VBAで記述した処理を行いたいときには、マクロの「プロシージャの実行」アクションを指定し、アクションの引数の「プロシージャ名」に
目的のプロシージャの名前を入力します。このプロシージャは、Functionプロシージャである必要があります。

マクロのアクションと同じことは、VBAででき、マクロのアクションではできないことも、VBAでは可能です。ですが、「起動時に行う」ということは、autoexecマクロでないと実現できません。

アクセスセミナーはこちら
アクセスのTipsはこちら
無料セミナーはこちら
開発のご依頼はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやく

月別アーカイブTopics別アーカイブ