このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやく

Excel研修アンケート Excel(エクセル)関数を使わない大量データ集計

2014年 10月 28日 お客様の声

カリキュラム

1.大量データ活用のための準備(Excelの操作を習得する)

大量データはどのように持つべきか
学習内容:1行1明細、1列1意

2.ピボットテーブル・グラフを活用した大量データ処理

ピボットテーブルの基本操作を習得する
ピボットグラフを作成する
学習内容:ピボットテーブル、ピボットグラフ
ケース1:営業担当者の販売状況を把握する
⇒昨対比、商品売上比較、エリア比較など比較方法を知る

3.グラフを活用した大量データ分析

データをグラフ化して、データに潜むお宝を探す
学習内容:セグメンテーション分析、前年比較、多次元分析、ABC分析、Zチャート、移動平均法、ファンチャート、線形計画法
ケース2:予算を管理する
⇒予算と実績を比較する”
ケース3:営業担当者の訪問回数の適正化を図る
在庫管理、訪問回数と売上の関係を知る
ケース4:売上不振の原因を見つけ出す
⇒売上不振の要素を様々な角度から分析を行う
ケース5:売れ筋商品を調査する

4.総合演習

演習1:売上を伸ばすための施策を立てる
演習2:予算と売上について読み解く

アンケート

受講者の声- 1 : 実務に活かせる内容であり、本研修に参加して、業務の効率化、改善がはかれそうです。ありがとうございました。

受講者の声- 2 : PCスキルに関する講義、研修は初めてだったが、とてもためになる内容だった。データ集計で使えるピボットテーブルも初めてだったが、今後、役に立つと感じる。Excelの機能を活かすための基本的なリスト作成も肝要と思った。

受講者の声- 3 : 講師の前職でのご経験のお話(グラフ・画像コピーしなかった際のトラブルなど)が非常に興味深かった。通常業務では気づかないリスクについて教えていただいて、Excelデータ技術以上のものを学んだ。

受講者の声- 4 : ピボットテーブルを初めて使いましたので、営業での分析に使えることがわかりました。今後も使っていきたいです。ショートカットの使い方も、多く教えていただいて、効率化できそうです。

受講者の声- 5 : 以前からピボットテーブルを利用していましたが、内容を全く理解していなかったため、元データの更新の度にエラーが出る、使いにくいものだと思っていました。今回の研修で、使うべきシーンや便利な機能などを色々教えていただき、今度の集計作業で、早速、使ってみようと思いました。

受講者の声- 6 : これまで関数を使って作業したものが、ピボットテーブルを使用することにより、簡単に作成できます。

受講者の声- 7 : 関数を使わずに、簡単に集計することが出来て感動した。その他、実践で使えそうな機能を教わることが出来て良かった。とても参考になりました。

受講者の声- 8 : ピボットテーブルという便利な機能を知ることがデキ、これからの業務がスムーズ、かつ、正確に処理できるようになると思う。大幅な時間短縮に期待。また、今まで「○○もできるのではないか」と疑問に思っていたことも「できない」と明確に知ることが出来た。

受講者の声- 9 : ピボットテーブルは、項目の選択や配置(行・列)を選ぶのが難しいので、あまり積極的に使おうとしなかったが、今回の研修でチs記が深まったので、業務に取り入れてみた。「リスト」や「集計」も、今まで、使ったことがなかったので、挑戦したい。

受講者の声- 10 : 今まで苦労していた表の作成などに大変役立ちそうなことがたくさんあって良かった。

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやく

月別アーカイブTopics別アーカイブ