お問い合わせ

サービス一覧

Excel : テーブルにデータを追加したはずなのに、追加行として認識されないとき

2014.10.31
田中裕明

エクセルセミナーはこちら
エクセルのTipsはこちら
無料セミナーはこちら

 

追加したデータの列数が、追加先のテーブルと同じかどうかを確認します

一覧表をテーブルに変換すると、集計などの処理が行いやすくなります。後からデータを追加しても、処理対象として自動的に認識されるので、データの増減を意識する必要がなくなります。

テーブルに変換すると、既定ではテーブルの書式が適用され、一行置きに色が設定されます。テーブルの末尾に行を追加すれば、その書式も適用されるので、テーブルとして認識されていることがわかります。

166_excel_01

ところが、書式が適用されない、つまり、テーブルのデータとして認識されないときは、データの追加の仕方に問題がないか、確認します。
やってしまいがちなのが、別のデータをコピーして追加するときに、コピー元の列全体を選択してしまう場合。

166_excel_02

テーブルの末尾に貼り付けても、テーブルと、追加したい列数がことなると、テーブルのデータとして認識されません。

166_excel_03

これをテーブルとして認識させるには、テーブルツールの「デザイン」タブで「テーブルサイズの変更」を選択し、データ範囲全体を指定し直します。

エクセルセミナーはこちら
エクセルのTipsはこちら
無料セミナーはこちら


CONTACT

お問い合わせ

業務改善に真剣に取り組む企業様。お気軽にお問い合わせください。

10:00〜17:00(土・日・祝を除く)

NEWS

新着情報