このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやく

Excel : オートフィルターで大文字と小文字を区別したいとき

2014年 11月 07日 Excel Tips

エクセルセミナーはこちら
エクセルのTipsはこちら
無料セミナーはこちら

 

EXACT関数を使用します

オートフィルターでは、英字の大文字と小文字は区別しません。EXCEL、excel、Excelはすべて同じと見なされます。フィルターのボタンをクリックして表示されるのは、入力されているデータの上から見つかった順のデータが表示されます。

168_Excel_01

これらを別のデータとしてフィルターで抽出するには、元のデータを大文字または小文字に変換し、それをEXACT関数で元の値と比較します。
次の例では、大文字のデータを抽出するとして、E列にUPEER関数を入力してC列の文字列を大文字に変換しています。F列には、EXACT関数を入力して元のC列とE列のデータを引数に指定しています。

168_Excel_02

EXACT(文字列1,文字列2)の書式で、引数に指定された文字列が同じであればTRUE、そうでなければFALSEを返します。この関数は大文字と小文字を区別します。

オートフィルターでEXCELを抽出したければ、C列で「Excel」を選択し、F列で「TRUE」を選択します。

168_Excel_03

 

エクセルセミナーはこちら
エクセルのTipsはこちら
無料セミナーはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやく

月別アーカイブTopics別アーカイブ