お問い合わせ

サービス一覧

Excel : 表にデータを追加したら、印刷範囲を自動的に拡張するようにしたいとき

2014.12.05
田中裕明

表をテーブルに変換します

表をテーブルにすると、後から追加したデータも同じテーブルの処理対象となります。印刷についても同様です。
印刷範囲にテーブルと指定すると、行や列を追加しても自動的に印刷対象として認識されます。

印刷範囲をテーブルにするには、 テーブルの全範囲を選択し(テーブル内の任意のセルを選択してCtr + A)、「ページレイアウト」タブの「印刷範囲」から「印刷範囲の設定」を選択します。

176_excel_01

この後、「ページ設定」ダイアログボックスの印刷範囲を見ると、「テーブル1[#すべて]」と設定されていることがわかります。ここの「テーブル1」はテーブル名で、テーブルに変換したときに自動的につけられる名前です。
テーブル名は、テーブルツールの「デザイン」タブで確認できます。

176_excel_02

行や列を追加すると、追加した箇所も印刷範囲として認識されます。

176_excel_03

 

エクセルセミナーはこちら
エクセルのTipsはこちら
無料セミナーはこちら


CONTACT

お問い合わせ

業務改善に真剣に取り組む企業様。お気軽にお問い合わせください。

10:00〜17:00(土・日・祝を除く)

NEWS

新着情報

サービス提供後記

Access研修 Access超入門研修を実施しました

サービス提供後記

Excelマクロ研修を実施しました

サービス提供後記

Excel入門に関する研修を実施しました

サービス提供後記

PowerPoint入門に関する研修を実施しました

サービス提供後記

Excel基礎研修を実施しました