このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやく

Access : ExcelのIF関数と同等の処理を行いたいとき

2014年 10月 18日 Access Tips

アクセスセミナーはこちら
アクセスのTipsはこちら
無料セミナーはこちら
開発のご依頼はこちら

 

IIF関数を使用します

Accessの関数には、Excelのワークシート関数と名前は違うけれども、同等な働きをするものがあります。
たとえば、AccessのIIFとExcelのIF。引数は同じで、IIF(論理式,真の場合,偽の場合)となります。

87_access_01

AccessのDateSerialとExcelのDATE。やはり引数は同じで、DateSerial(年,月,日)で日付を返します。
AccessのDate関数は、ExcelのTODAYと同等で、今日の日付を返します。文字列操作では、たとえば、AccessのLCaseとExcelのLOWERや、AccessのUCaseとExcelのUPPER。引数に指定した文字列を、前者は小文字に、後者は大文字に変換します。

アクセスセミナーはこちら
アクセスのTipsはこちら
無料セミナーはこちら
開発のご依頼はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやく

月別アーカイブTopics別アーカイブ