このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやく

Access : フォームを作成後にコントロールを追加したときに、自動的に名前が設定される場合

2014年 10月 19日 Access Tips

アクセスセミナーはこちら
アクセスのTipsはこちら
無料セミナーはこちら
開発のご依頼はこちら

 

わかりやすい名前を設定し直します

フォームにコントロールを配置するとき、デザインタブの「コントロールウィザードの使用」をオンにすると、ウィザードが起動するコントロールがいくつかあります。

そのなかでウィザードの最後のステップで、コントロールの名前を指定するものと、対になるラベルの標題を指定するものがあります。前者には、コマンドボタン、テキストボックス、後者にはリストボックス、コンボボックス、オプショングループがあります。後者は、ウィザードではその「名前」は指定しないので、自動的に「リスト5」のような名前が自動的につきます。このままにせずに、名前は設定し直した方がよいです。

コマンドボタンのウィザードの最後のステップでは、「ボタンの機能がわかるような名前を付けると、後でこのボタンを参照しやすくなります。」と表示されますが、まさにその通りで、ボタンに限らず、データベースオブジェクトやコントロールはすべてお互いを名前で識別します。

102_control_01

わかりやすい名前をつけることが編集や修正のしやすさにつながります。名前は大切です。

アクセスセミナーはこちら
アクセスのTipsはこちら
無料セミナーはこちら
開発のご依頼はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやく

月別アーカイブTopics別アーカイブ