このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやく

Excel : Excelで宛名ラベルを作りたいとき

2014年 10月 21日 Excel Tips

エクセルセミナーはこちら
エクセルのTipsはこちら
無料セミナーはこちら

 

「ラベル印刷ウィザード」アドインを有効にします

「ラベル印刷ウィザード」アドインを有効にすることで、市販の宛名ラベルにあわせて、名簿などのデータを印刷できます。

アドインを有効にするには、
1.「ファイル」タブから「オプション」を選択
2.「Excelのオプション」が開くので、「アドイン」を選択
3.画面右下の「設定」をクリック
4.「アドイン」ダイアログボックスが開くので、「ラベル印刷ウィザード」チェックボックスをオンにして、「OK」

すると、「ファイル」タブ-「印刷」で、印刷設定の下部に「ラベル印刷ウィザード」ボタンが表示されます。

135_excel_01

宛名ラベルを作成するには、
1.印刷したいデータ範囲内のセルを選択して、「ファイル」タブの「印刷」から「ラベル印刷ウィザード」をクリック
2.ラベル印刷ウィザードが開始します。ステップ1で、使用するデータの範囲を指定します。あらかじめ選択していたデータ範囲が一覧表になっていれば、自動認識されます。
3.ステップ2で、使用するラベルの種類(ラベルの製造を選択します。
4.ステップ3で、ラベルをレイアウトします。「選択可能な列」から使用する列を「ラベルテンプレート」へ追加し、配置や書式を調整します。たとえば敬称など、列には存在しない項目は、テキストボックスを使用して追加できます。

エクセルセミナーはこちら
エクセルのTipsはこちら
無料セミナーはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやく

月別アーカイブTopics別アーカイブ